コントレイブとは?武田薬品の肥満治療薬って知ってた?

 

コントレイブって何?

 

ではコントレイブの肥満治療薬についてお話ししましょう。

 

まず、事実確認として

コントレイブは、米FDA、抗肥満薬 として
承認されている。

肥満治療薬「コントレイブ」をFDA承認し
武田製薬が米で販売していること

日本では販売されていないということ

自分で入手することはできるということ
 
 

体重100kgで悩んでいる人!
生活習慣病・生命に関わる肥満!

即・売り切れ御免!

 
 

コントレイブはどこが生産しているのか?

日本の武田製薬がアメリカで共同開発!

 

コントレイブは 日本の武田薬品と
米国の米オレキシジェン・セラピューティッ
クスとで共同開発した

 

抗肥満薬で、米国で生産されています。

 

日本よりも最新医療が進んでいる米国で
武田薬品は臨床試験し、早い段階で

抗肥満薬を開発承認に着手した経緯が
あります。

 

理由は簡単で、日本での承認は長期間かかり

莫大な開発経費がかかるということ

 

米国であれば承認に時間が早いのと、承認さ
れればすぐにでも治験販売が可能になり、
回収が早くなる。

そういう理由があるような気がします。

 

何よりも。米国は肥満人口が多い!

米国の肥満人口が多い!

 

日本よりも米国の方が、より、肥満に深刻で
あることが判るように食生活からして、
肥満になる要素が多いのです。

 

近年、日本も食生活の変化により、
肥満人口が年々、増える傾向にあります

 

過食になるとなかなか、自分でコントロール
することができないことが一番の悩み!

 

また、肥満の一番の深刻さは、生活習慣病と
の密接な関係にあること!

 

体重90㎏以上の人は特に注意!

 

生命の危機的状況のリスクが相当高
くなるので注意が必要です。

 

40代からの定期検診では非常に
深刻になります。

医師からの指摘で肥満治療をしなくては
なりません。

 

肥満になれば、血糖値・尿酸値・中性脂肪数
値・血圧数値・心電図・肝機能数値などで

生活習慣病に対して、非常に健康に害する
病気が問題になります。

 

  • 糖尿病
  • 血管系の病気
  • 脳系の病気
  • 心臓系の病気
  • 肝臓系の病気

など

 

生活習慣病に密接な病気のオンパレード
となります。

まずは、血液検査での数値を正常値に
戻すように努力しないといけませんが

 

何から手をつけて良いのかわかりません!

 

  1. 運動からなのか?
  2. 食事制限からなのか?
  3. 何を食べて良いのか?

 

年令による身体の代謝が落ちていること
運動不足であること

 

運動しようと思っても身体が自由に動けない
状況とあい重なりいろんなダイエットを
しても、途中で挫折してしまう傾向が、
非常に多いですよね・・・

 

食べなくて、痩せたいと思っても、食べない
と身体がふらついたり!

 

仕事もやる気がでなかったりと弊害もあると
感じます!

 

そうです!運動するモチベーションも、
中々、上がらないのです!

 

そんな時は、まず、コントレイブのような
肥満治療薬を摂取することにより

まずは、食べることへの執着を解消するため
に試すのも一つの選択です。

 

コントレイブは食欲をなくす治療薬なんです。
 
 

体重100kgで悩んでいる人!
生活習慣病・生命に関わる肥満!

即・売り切れ御免!

 
 
依存症という、何かに依存するという欲求を
なくして、食べることへの欲求が執着しなく
なる治療薬と言われています。

 

医師に相談してみて使用するのも一つの方法
です。

 

でも、日本では販売されていないので、自分
で入手しないといけません。

 

入手したら、主治医にでも相談してみましょ
う!

 
 
 

コメントは受け付けていません。